• BFB7343M
    No.95BFB7343M 7'3" #4 3pc (真竹) 6月に作ったBFB7043Mの3インチ延ばしバージョンですが、若干テーパーをいじりました。前作は、ミドルセクションが弱いせいか、ティップ側のフェルールの重さがちょっと気になったので、ミドルのティップ側をフェルール1サイズ分太くしてみました。ブランク自体は、太くすることで強くなるはずですが、フェルールサイズを大きくすることで重さが増しますので、結果的に同じか?とも思いました...
  • リフィニッシュ
    the "Suzukawa" 7'1" #4 札幌の大将さんが使っている竿ですが、ティップセクションがフェルールの付け根から折れてしまいました。 修理に戻ってきた竿を見ると、だいぶ使い込まれ、ガイドのラッピングが擦れて、エポキシが剥げかかってました。この竿を作った頃は、エポキシは最初の1回だけで、その後はウレタンを乗せていたんですが、ウレタンが痩せて、エポキシがラインにこすれるようになっていたのでしょう。透明にしたはず...
  • NO.18 West Pine sp
    West Pine sp 7'00" #4 2pc たけださん@岩手使用 ↓の尺ラッシュの後にまたまた尺をヒットしたそうです。しばらく使ってなかった竿がメインで使って欲しくて、頑張って仕事したのでしょうか?(笑) 岩手から強烈な写真がまとめて届きました。尺、泣尺、尺の順で1時間ほどで釣れてしまったとか。恐るべし岩手です。 たけださんがメインで使っている7'3"が修理でこっちに来てたので、久々に使ったという7'0"のロッド。7'3"と比べて...
  • No.91 204N
    204N 7'3" #4 2pc 6月に岩手で使った後北海道に送り、レインボーを相手にテストしてもらってますが、小渓流であまり大きくない魚を相手にするならちょうど良いと言うインプレッションが届きました。 10m以内のキャスティングレンジで、尺程度のレインボーを相手にするならキャスティングがやりやすく、ファイトも問題なくやれるということでした。当てずっぽうで作った割には、制作イメージにジャスだったようです。 こちらで10m...
  • No.92 BFB7043M
    BFB7043M 7'0" #4 3pc(真竹) 2043とまったく同じテーパーですが真竹製のロッドです。ラッピングも同じなので、釣った人でないと同じ竿だと言われてもわかりません。(笑) 真竹だけあって、トンキンよりもかなり柔らかい。その分小さい渓ではキャストが楽です。が、強く振るシチュエーション(藪の中でピンポイントに、ロールキャストで打つ時とか)では、ティップが負けてうまく釣れません。それ以外の状況なら、ラインがあま...
  • No.89 BFB7043
    BFB7043 7'0" #4 3pc 渓流が秋モードに入ってしまったような、難しい状況の中で出た岩手のイワナ。結構な藪沢での釣りでしたが、この竿の強さがちょうど良かったと思います。ブッシュの隙間にフライを無理に打ち込むような釣りでは、柔らかい竿だと、ティップが負けてしまって、思うようにフライが入りません。硬い竿は近距離では使いにくい、とは限らないないんだなぁ。それが実感できただけでも、良い釣りになりました。 ^ ^(20...

プロフィール

bigforest

Bigforest Bamboo Rod のブログ
HPはこちら↓
Bigforest Bamboo Rod HP

月別アーカイブ