• 結局同じの
     先日ローラーを研いでしまって使用不能になったホーニングガイドを買い換えました。せっかく買い換えるんだから、違うヤツを使ってみようかとあれこれとネットで探してみましたが、価格と使い勝手のバランスを考えて結局同じモノになりました。 これなど、かなり高性能な感じですが、価格を見ると「これなら電動の研ぎ器を買った方が良いな」ってくらいですから却下。 こっちは、価格はまあまあなんだけど、刃を2つのネジで固...
  • さっそく・・・実は・・・
     先日完成したばかりのダブルハンドですが、昨日午後からライン合わせに行ってきました。 スペイラインだと#6/7/8って感じでしょうか。僕の腕だと#7/8の方が投げやすいかな。上手な人なら軽い方が良いみたいです。竿の長さを考えるとショートベリーか長くてもミッドベリーにしておいた方が無難な気がします。シューティングヘッド(と言うかアンダーハンドのシステムというべきかな?)だと、ヘッド重量が30?35gが適正だろうとい...
  • 細いなー
     3pc ロッドのブランク完成しました。この前まで作っていたダブルハンドも3pc ですが、太さのあまりの違いにムチャクチャ細く感じます。まあ、ダブルハンドのティップ側フェルール径が7ミリで、この竿のバットエンド側の対面幅が6ミリ強ってとこですから、ダブルハンドのティップセクションよりも細い訳で、そう感じるのもしょうがないことですね。 ^ ^ この後はフェルール製作に進みますが、ちょっとまとめてメタルワークをする...
  • いっぺんに設定
     ダブルハンドが完成したってことで、火入れまで終わっていた3pc ロッドの仕上げ削りに取りかかりました。 写真は、削る前のPフォームの設定状況ですが、新しいフォームは長くなったので、バットとミドルの長さ分を1回のセットで済ませられるようになりました。 前のフォームは2セクション分の長さには足りなかったので、それぞれ設定して削っていましたが、こうやってみると、最初から3セクションに切らずに、2セクション(片...
  • Double Rainbow 12'
    No.121Double Rainbow 12'0" #? 3pc ダブルハンドロッドは、過去にセミダブルを1本作りましたが、片手で投げるには重く、かといって両手で投げるには力が足りないと言うあまり使える竿ではありませんでした。いつかちゃんとしたダブルハンドロッドを作りたいなと思いながら数年経ってしまいました。 バンブーダブルは自重で勝手に曲がってくれるため、キャスティングが案外デリケートです。そう考えるとオーバーヘッドキャストよ...
  • こちらも終了
     昨日のダブルハンドに続いて、ogataさんロッドの修理も終わりました。修理と言っても、ガイド面を反転させただけですからさほどの手間ではありません。もちろん、ブランクの塗装のやり直しからやってますからそれなりの時間はかかってますけど。 修理前の写真と比べてもらうと一目瞭然。曲がりが目立たなくなってます。実際には、今まで曲がっていた方向と逆側にガイドを付けたことで、若干上向きに反ってる感じです。ヒートガ...
  • ダブルハンド完成
     ようやくダブルハンドロッドが完成しました。試行錯誤、紆余曲折を経たせいもあって、延べ製作時間は70時間ほど。通常のロッドの1.5?2倍程度の手間がかかりました。もちろん材料費も。(^_^;) 製作開始時点では、海のものとも山のものともつかぬ状態でしたが、なんとか形になってホッとしてます。アクションは、最終的にだいぶ柔らかくなりましたが、それでもベロンベロンな竿とまではならず、それなりに使える竿って感じです。...
  • 作り忘れてた
     ダブルハンドの製作も大詰めです。残るバットセクションのラッピング?エポキシコートまで終わりました。エポキシ2回乗せて、微妙にピツプツしてるところがあるので、軽く削って上からウレタンを1?2回重ねればオッケーだと思います。今日・明日で、作業完了となりそうです。 で、昨日になって思い出しました。「あ!エンドキャップ作ってない!」と。(^_^;)後発の3pc の火入れ終わらせたんで、仕上げ削りやろうと思ってたんです...
  • 先に先だけ完成
     ダブルハンドの先だけ、つまりティップ&ミドルセクションが先行で完成しました。エポキシコートは、ミドルのバット側フェルール周りが2回ではキレイに仕上がらず、3回塗りとなりました。ちょっとダンゴ状ですが、しょうがないですね。 写真のとおり、どちらのセクションもフェルールの前にガイドがあります。カーボンだとフェルールが長いので(まあ、メタルでもある程度長くなったでしょうが。)、ガイドスペース決定には結構...
  • これでなんとか・・・
     フェルール補強巻きのエポキシコート、3回目でなんとか見られる程度になりました。と言っても、触ってみると結構デコボコがありますし、ポチっと出っ張ってるところも2?3ヶ所残ってます。さすがにこれ以上乗せてもしょうがないので、目をつぶることにします。エポキシって研磨することできるんですかねぇ?もし、研磨が可能なら、ポチってところ削ってから磨くんですがねぇ。 それにしても、真っ黒なフェルールっていうのは、異...
  • 余計な仕事
     ダブルハンドロッドは、ラッピング前の下準備的な作業中です。ガイドフットの加工とかは終わっているので、ティップセクションから巻き始まれる状態です。 そんな状況なのに、またしてもつまらないミスで無駄な作業が増えてしまいました。(涙)写真の飾り巻きは、バットエンドから約70センチの位置に巻いたモノ。なんで今更?って話ですよね。巻くなら、下塗りの前に巻いて、一緒にウレタンを乗せれば良い話ですから。...
  • 他のも進んでます
     ダブルハンドは、ブランクの塗装が終わり、ラッピングに入る段階です。塗装の乾燥待ちとかがありますので、空いた時間で次の竿を進めてます。先月末に割った3pc のスプリットは、ちょこちょこと曲がり直しを進めて、荒削りまで終わらせました。次は火入れ?仕上げ削りとなるわけですが、この竿はこの状態でしばし中断。...
  • リアグリップ
     ダブルハンドのリアグリップ成形終わりました。リアグリップは、ブランクに取り付けて加工することができませんので別に作ります。コルクの内径に合わせたボルトを通し、両サイドから押さえ込んで旋盤で回してあげます。強くペーパーを当てるとコルクが滑ってしまうことがたまにありましたが、無事加工できました。せっかくなので、リールシートも組んで撮ってみました。 ^ ^ リールシートを組んで写真を撮れたのは、こういう加...
  • エポキシ無残・・・
     昨日の朝2回目のエポキシコートをしたダブルハンドのグリップ前ラッピングですが、2回目は写真のように穴ぼこだらけになってしまいました。(涙) 朝のウチ室温が低く、エポキシの粘度が高かったので、ちょっと多めに薄め液を入れたら、満遍なくコートできず、エッヂの部分に穴が開いてしまいました。思わずラッピングからやり直すか?なんて気になりましたが、この上に乗せればなんとかなるかもと、エポキシが盛り上がってる部...
  • 一手間
     前回の記事で、塗装前に一手間あると書きましたが、それがこれです。グリップ前の巻きですが、ダブルハンドなんだから、シングルハンドより多少は凝った巻きをしても良いだろうと思ってました。細巻きの所は、一度エポキシをしみ込ませた後に余分を拭き取ってしまいます。そうすると、どうしても、糸と糸の間が汚れてしまうんですね。普段だと、最後にディップしますから、汚れもウレタンを乗せることで消せるわけです。でも、今...
  • フロントグリップ成形終了
     ダブルハンドのフロントグリップの成形終わりました。ダブルのグリップって、前後それぞれの呼び方で何が良いんでしょうね? CNDのビデオで野寺さんは「フォアグリップ」、後ろ側は「リアグリップ」と言ってました。フォアってテニスのラケットとかで、表側を言いますよね。裏はバックです。とすると、後ろ側をリアグリップと呼ぶんだったら、フロントグリップと言った方が良いんじゃないのか?なんて思ってしまいました。なの...
  • 完成型?
     ダブルハンドの下塗り終了しました。いや?ダブルともなると、思いがけないことがおこります。ディッピングボトルにブランクを漬け込んでみたら、バットセクションは体積が大きいモノだから、ウレタンがボトルからあふれそうになりました。まあ、ギリギリセーフだったんですが、普通の竿じゃ絶対起きませんよこんなこと。(苦笑) 下塗りが終わるとグリップです。ここでもいつも通りには行きません。普段コルクリングに空ける穴...

プロフィール

bigforest

Bigforest Bamboo Rod のブログ
HPはこちら↓
Bigforest Bamboo Rod HP

月別アーカイブ