• 煙突オーブン
     8'0" #5は昨日火入れ~スクレッピングまで進みました。まだ、火入れ後の曲がり直しが終わってないのですが、今日中には仕上げ削りに進めると思います。 火入れは準備~片付けまでで1時間かかりません。スクレッピングするにはスプリットが冷えてからでないとできませんから、冷えるまでのの間にちょいと新しい道具の試作を。懸案のノードレス用のオーブンを試作してみました。と言ってもただの煙突ですが。(笑) 今までは、こ...
  • ピーアイボンド
     ホントは今日から岩手行きだったのですが、夕べ足を怪我して今シーズンの渓流は強制終了となってしまいました。(涙)こうなったら、ビルディングに励むしかありません。が、踏ん張ると足が痛むので、仕上げ削りとか踏ん張るのでちと不安です。 で、オーダーしておいた接着剤が届きました。大鹿のピーアイボンド、木工屋さんには有名な接着剤らしく、ネットで使用感を見るとだいぶ強力みたいです。 ここ数本はタイトボンドを使...
  • No.130 7032M
    7032M 7'0" #3 2pc 真竹 真竹ロッドの基本となるテーパーがこの竿です。#3については、ほぼこれでいけるだろうと感じています。バックスペースが限られて、キャスティングストロークの稼げないような川だと、ティップだけが曲がってテイリングが出るんですが、そういった特殊な状況に合わせたテーパーだと、普通に振れる場合、別のトラブルが出るかも知れませんし・・・ちょっと悩みます。まあ、もう少し使い込んでから考えるとし...
  • 荒削り終了
     昨日は仕事が入ったり、釣り行ったり(笑)して、時間がなかったので、今日になってしまいましたが、8ftの荒削り終わりました。 割りが太いと、荒削りして初めて曲がりが出てきたりするんですが、今回は、割り幅と荒削りの差が小さかったおかげで、削り終えてもあまり曲がりが出ませんでした。まあ、火入れするとまた曲がるんですけどね。(苦笑) この後は火入れに進むわけですが、明日から岩手に渓流シーズンラストの遠征に行く...
  • No.76 Kotetsu
    Kotetsu 7'0" #4 2pc ogataさん@北海道使用 久々に札幌のogataさんから写真が届きました。素晴らしいレインボーですね。48センチあるそうです。この竿は、#4とはしてるものの#3寄りの竿なので、こんな立派な魚を取り込むとなると、かなり大変だったのではないでしょうか。 本人の弁では「今年は天気が悪かったり、自転車にはまったりとなかなか釣りに行っていなかったんですが、写真の48cmの他に48cm、46cm、45cm、推定...
  • 前倒し
     昨日釣りに行っちゃうから、半分しかできないだろうって書いた曲がり直しですが、思ったよりも作業がスムーズに進んで12本の曲がり直し終わっちゃいました。1日前倒しですね。 前倒し出来たので、今日荒削り~火入れ、明日から仕上げ削り、と進めば良いのですが、今週は延期に延期を重ねてきた岩手遠征に出ますので(禁漁間際なのでもう延期はできません)、仕上げ削りは岩手から戻ってからです。と言うことは、火入れも戻って...
  • フェルールミスって・・・竹割り
     リールシートスペーサーが終わったところで、新しい竿の依頼がありました。でも、渓流が解禁中は釣りメインで行きたいと思ってるので、ブランクの製作に取りかかる前に、フェルールを先に作ってしまおうと思いました。 フェルールは、ちょっと前にまとめて作ってあるんですが、今回作る竿にはサイズが合いませんので、改めて作る必要がありました。 オスフェルールから作り始めたのですが、普通のドリルで穴を空けた後、3角に...
  • アートにふれる2日間 in KEIHOKU
      リールシートの金具製作でお世話になっているKINEYA TACKLE MAKERさんからお誘いがありまして、京都で10/8~9に開催されるイベントに参加することにしました。イベント自体は、釣り関係のものではなく、本物のアートな方々が多数参加するようです。KINEYAさんが大きくスペースを確保したそうで、そこを間借りするような感じになります。 アートにふれる2日間 in KEIHOKU KINEYAさんいわく、『タックルの展示とか、キャスティ...
  • やっと終わった
     この前磨きすぎて、塗装をやり直したリールシートスペーサーがようやく完成しました。2度も塗装を剥がした都合で、スペーサー本体が、ちょっと細くなってしまいました。その分を下塗りを塗り重ねる(8回塗りました)ことで、ちょうど良い太さになりました。まあ、金具に合わせながら塗ったんですが。 たまたまこんな風に塗り重ねた訳ですが、このくらい塗り重ねた方が塗膜が丈夫になって良いかもしれませんね。 先に完成してい...
  • 釣り道具を 作る人たちの雑談
     京都のKINEYA TACKLE MAKERさんが、「釣り道具を 作る人たちの雑談」と題し、複数のクラフトマンが記事を投稿するwebマガジン的な?ブログを立ち上げました。 Fishing lodge 光栄なことに、僕にもお誘いがありましたので参加することにしました。竿作りの節目的なタイミングで投稿できたらと思います。まあ、ここの内容とダブってしまうとは思いますが・・・出来るだけ、全く同じにならないよう努力しようと思ってます。 この...
  • 終わった!と思ったら・・・
     製作中だったリールシートスペーサー完成しました!と言いたい所ですが、実は1/3くらい研磨でミスってまだ終わってません。と言うか逆戻りしてしまいました。(泣)...
  • 仕上げ塗り完了
     リールシートスペーサーの製作は、仕上げ塗装まで終わりました。今回の製作本数は16本です。機材の都合で、半分ずつ2日に分けて塗りました。2液ウレタンは乾きが早く、1回の塗装は2時間も空ければ、次の塗装ができます。下塗りが4回、仕上げ塗りが3回、それぞれ1日ずつの作業です。 塗装は、低速モーターで回しながらのハケ塗りです。(借り物だけど)エアガンもあるんですが、2液ウレタンは塗った後の掃除が大変(硬化が早い分...
  • 回った~
     切れてしまった旋盤のタイミングベルトが、昨日夕方届きました。札幌から中1日で届くのですから、ずいぶんと早くなりましたねぇ。価格は送料込みで¥4,000ちょっとってところです。 新しいベルトを装着してスイッチオン!回りました~(当然ですが)よし、これで中断していたリールシートスペーサーの研磨が出来るぞ。今日中に半分は仕上げ塗装済ませたいなー 明日からの岩手遠征ですが、どうも天気が微妙です。場合によっては...
  • No.145 7442M-HB
    7442M-HB 7'4" #3-4 2pc 真竹(中空) 中空+竹フェルールのこの竿、#4ラインで釣ってみてそれほど違和感なく釣れましたが、竿の柔らかさからすると#3でも良いようにも思えたので、#3ラインで釣ってみました。結果としては#3ラインでも普通に釣りができました。ただ、#3ラインで釣っても#4ラインで釣った時と同じようなグニャグニャした感じがあって、なんともとらえどころのない竿です。もしかすると、ここがこの竿の特徴なのかも...
  • 壊れた・・・
     下塗りが終わったスペーサーの表面研磨をやろうと、スペーサーを旋盤にセットして回し始めたら、ん?なんか変だぞ。回転が安定しない、高速で回してるはずなのに変に遅い。一旦スイッチを切って、もう一度スイッチを入れたら全く回らなくなりました。ゲッ壊れた! 電源を入れると、モーターの回る音はするので、駆動系のトラブルっぽいぞ。とギヤカバーを外してもう一度回してみると、ギヤも回ってません。 それもそのはず、モ...
  • 下塗り完了
     塗装が浮いてしまったリールシートスペーサーはリカバリ成功しました。浮いてしまったウレタンを、リムーバーで全て落としてから改めてペーパーがけ、表面を整えました。こうやって見ると、減圧含浸処理をする前の状態に戻ってしまったように見えますが、ペーパーをかけてみると、含浸してるのが実感出来ます。ペーパーがもの凄い勢いで目詰まりします。全然磨けないので、ワイヤーブラシでペーパーの表面に付いた削りカスを取り...
  • ボコボコだ~
     メタルワークが一段落した所で、加工が終わってウレタンに漬け込んでいたリールシートスペーサーの塗装に入っています。現在は下塗りの段階ですが、これが見事に失敗してます。(苦笑) 本数が多いので、2回に分けて塗装してるのですが、写真は2セット目の下塗り1回目が乾燥した状態です。表面がボコボコになってしまってるのがわかると思います。これは、漬け込んだ1液ウレタンが表面に残ったまま、上から2液ウレタンを塗った...
  • メタルワーク終了
     このところまとめて作っていたフェルール完成しました。と言っても6セットですから、本格的なビルディングシーズンになれば、あっという間に使い切ってしまうでしょう。 オスは簡単に作れるので、一気に6個作っちゃいましたが、メスは1個45分くらいかかります。なんやかやで2個作れば2時間近くかかります。朝から始めても2個出来上がる頃には、作業場が暑くなってしまって、残りは夕方から・・・って思いながら、結局夕方は出来...
  • 次はメタルワーク
     このところリールシートスペーサー製作で、木工をやっていましたが、加工が一段落して塗装待ちの状態です。と言うことで、次はメタルワーク、フェルール製作に取りかかりました。 昨日の時点ではオスのみ6本。よく使うサイズを3サイズ×2個です。オスはくわえ直しが無い分加工が楽で、これだけ作って2時間ちょっとってところ、午前中の作業でした。まだ、セレーションを切る作業が残ってますが、それはメスが出来た所でまとめて...
  • 残りも加工終了
     半分だけ加工~含浸処理したリールシートスペーサーは、残りの加工も終わりました。加工にかかった時間は、2時間ちょっとってところでしたから、前日まとめて加工っていうのはちょっときつかったですね。 加工が終わって、旋盤を綺麗に掃除して、メタルワークの準備は備えたのですが、来客やらがあって結局何もできませんでした。まあ、やる気の問題もあったんですが。(苦笑) 先に加工して、1日漬け込んだスペーサーです。漬...
  • No.108 BFB6642
    BFB6642 6'6" #4 2pc 先週の岩手での釣果ですが、川幅の狭いところを釣る時、かなりの確率で使ってます。6'6"というと、#3ロッドが多いみたいですが、僕は#4の方が好きなので、この竿を使うことが多いです。夏の藪沢でデカイフォームフライなどを投げるなら、#4の方が余裕がありますからね。 現行の#4ロッドと比べて、ちょっとティップが細いんですが、キャストレンジの短い藪沢だとこのくらいでちょうど良いようです。まあ、他...
  • とりあえず半分
     スペーサー製作は、予定数を丸棒に加工する所は終わり、リールフットが乗る部分の加工中です。と言っても、偏芯治具にセットして、旋盤で削るだけですから、大した労力ではありません。しかも16本のうち3本はスクリュー用なので、丸棒状態で終わりですから、やれば昨日のうちに終わったはずなんですが・・・ 飽きちゃいました。(爆)あと1.5時間もやれば全部終わるはずだったんですが、半分だけ加工したところで終了。ここまで...
  • 本格シーズンの前に
     岩手から戻り、溜まっていた野暮用をこなして、そろそろビルディング・・・となる前に、リールシートスペーサーの製作に取りかかりました。キャップ&リング用もスクリュー用も在庫が2本ずつしかなくなってしまいましたので、来月からの本格的なビルディングシーズンを迎える前に在庫を揃えておかないといけません。 実のところ、次に作りたい竿の具体的なイメージがないというのもあります。なので、スペーサーを作りつつ、次...
  • No.144 7442M
    7442M 7'4" #4 2pc 真竹 岩手遠征前に完成させた2本の竿のうち、ソリッドバージョンの方です。庭で振った時、#4ラインだとちょっと重いと感じ、#3-4なのかな?と思っていましたが、シルクのDT4で釣ってみると思ったほどラインを重く感じませんでした。まあ、自分がイメージした竿の強さより弱いということには変わりありませんが、許容範囲には入ったみたいです。ただ、WF4で釣った時はやたらラインが重く感じましたので、乗せる...

プロフィール

bigforest

Bigforest Bamboo Rod のブログ
HPはこちら↓
Bigforest Bamboo Rod HP

月別アーカイブ