• 竹フェルール破損
     先週末3日間荒雄で釣ってきましたが、8653Mの竹フェルールが破損しました。破損したのは、ティップ側のフェルールです。僕の中では、壊れるとしたらバット側だろうと思ってたんでちょっと意外です。 写真ではわかりにくいと思いますが、端部の補強巻きのエッジ部分が白くなっています。これは、フェルールの接着部が剥がれて、補強巻きのエポキシが変色してるからです。剥離した部分は目視できるくらいに剥がれています。 反対...
  • 1本になりました
     スカーフィング部のバインディングを外し、段差をならした状態です。右下あたりに、継ぎ足した境目が見えると思います。 ちょっと、元の竿よりも焼きが強くて、色黒のティップになってしまいました。goldrush1978さん勘弁して下さいね。m(__)m 接着ヶ所の補強として生成のスレッドで全巻きします。 エポキシを塗って透明にします。ここまで出来れば、あとは普通の竿を仕上げるのと同じです。この竿の場合、ブランクの塗装を終...
  • 斜めに削って貼る
     交換用ティップ完成です。見ての通り、重複部分がかなり長くなってますが、折れた位置でつなぐのではなく、もっとバット側でつなぐためにこの長さが必要なのです。と言っても、節間で最大取れる長さで作ったってだけのことなんですが。(笑) つなぐ位置を決めて、お互いを斜めに削ります。スカーフィングブロックの都合で、元の竿についていたガイドを全部外さないといけませんでした。ってことで、ティップセクションまるごと、...
  • 交換用ティップ接着完了
     交換用ティップは接着まで終わりました。と言っても、スクレッピング~仕上げ削り~接着までやって、2時間かかってませんけど。写真は作業台に貼り付けてあるメジャーですが、数字を見てもらえばわかるとおり、17インチ・40センチちょっとって長さです。 今日はバインディングを外し、元の竿とつなぐ作業(スカーフィング)ができるでしょう。goldrush1978さん続きをお楽しみに。 ^ ^ ノードレスの作業は、48本の竹片のウチ半...
  • 煙突オーブン役立たず
     ノードレスロッドの竹片の割り幅を揃える作業~火入れまで終わりました。幅揃えた済んだ所で、オーブンに並べてみたら、24本を1本1本並べるともの凄く時間がかかります。これでは時間管理が難しくなるので、12本ずつにまとめました。6本の竹片をファイバーが表になるように並べてまとめました。割り幅を揃えたおかげで、こんな風に綺麗にまとまります。↓クリックしていただけると竿製作・ブログ更新の励みになります。にほんブロ...
  • Aldebaran
    No.146Aldebaran 8'0" #5 2pc 栃木のTヅカさんの1本。テーパーは8052です。Tヅカさんは初バンブーと言うことで、ややもったり感のある8ftよりは、7'6"バージョンの方が良い思ったのですが、試し振りなどの結果8ftで行くということに。まあ、先輩であるnegishiさんのロッド「Dunkeld」の印象が強かったのかも知れません。 フレイムフィニッシュのブランクなのですが、僕の好みで勝手に薄めに焼いてしまいました。(笑) あまり...
  • 荒削りまで
     修理ロッドの交換用ティップ製作は、荒削りまで終わりました。と言っても、写真のように細いスプリットを割って削っただけですからあっという間です。 割り幅4ミリくらい、長さは40センチちょっとってところです。↑の写真の通り、節はありません。折れた竿はスリースタックノードですが、折れた箇所はやはり節の位置でした。今回の修理で、少なくとも先端40センチはノードレスになりますから、以前よりは強度的には向上すると思...
  • まずはデータ取り
     製作していた竿が終わりましたので、修理で預かった竿の作業を始めました。まずは、新しく作るティップのためのデータ取りからです。TOPガイドを外し、5インチごとの対面幅やガイドの位置をチェックします。そのデータを記録してから取り外しました。 それと、ラッピングを取った時に、外した糸の色をチェックしておきます。エポキシコートしてあるので、見た目でどんな色の糸を使っているのか判断できません。けど、こうして取...
  • 中身も完成
     8ft #5 完成しました。今回は、下塗りがちょっと厚めだった分下塗りの乾燥時間が少し足りなかったのか、仕上げ塗りで結構プツプツと出てしまいました。それを一通り磨いて、リールシートを取り付けて無事昨日完成しました。 竿よりも先に出来上がっていた、ケースに納めて無事納品準備完了です。今日引き取りに来ると言うことで、一応写真を撮ったのですが、外は大雨で屋内での撮影。イマイチどころかイマニイマサンな写りで最...
  • 納品準備完了
     ハードケースも製作完了です。昨日アップしたクロスケースと合わせて、納品準備完了。あとは、竿本体が出来るのを待つばかりです。竿本体は、今日表面の研磨をやってリールシートを取り付ければ完成する予定です。昨日出かけるはずが、今日に順延になって時間ができたので、昨日のうちにリールシートスペーサーの加工も終わらせています。と言うことで、磨きで研ぎ過ぎちゃったとか、そういうミスがなければ、あと1時間くらいの...
  • ケース2種
     ケース関係継続中です。昨日はあまり時間が取れなかったので、とりあえずクロスケースのみ完成です。実は材料が足りなくて、それを仕入れに出かけたと言うのもあります。 ハードケースも本体の塩ビパイプの塗装は終わりました。エンドキャップのコルク接着も終わってるので、あとは布カバーを縫えば終わりです。が、これが意外と大変でして・・・ 今日も仕事で午後は出かける予定です。なんとか今日中に2本とも完成させてしま...
  • 付属品製作中
     8ftは仕上げのディッピングが終わり、現在は乾燥中です。乾燥させてる間に、一緒に頼まれてるハードケースの製作を進めます。昨日の時点で、キャップ&エンドキャップの製作~塗装が終了しました。写真には2つ写ってますが、ロッドとは別にハードケースのみ1本依頼を受けたので、同時進行で進めます。 今日は、あまり時間がないんですが、ケース本体の塩ビの塗装だけはやってしまいたいですね。ロッドの乾燥は、最終的な研磨を...
  • 修理
     栃木のgoldrush1978さんがシーズン終盤に折ってしまった竿が届きました。折れた後も釣りを続行したそうで、本来残ってるはずの部分が欠損しています。 この竿は僕が作ったモノではありません。テーパーデータなどもわかりませんので、修理に入る前に現状を良く把握してからでないと取りかかれません。修理法は、ティップ先端部を別に作ってスカーフィングで繋ぐと言うお馴染みの方法です。欠損してしまった部分は、残ってる部分...
  • No.128 8053
    8053 8'0" #5 3pc 先週末の荒雄での釣果。8ftの#5ロッドは2pcと3pcの2本を作ってます。2pcは扱いやすく出来たのですが、3pcはまだバットセクションのテーパーがイマイチで、ロッドの動きが手に伝わりにくいと言うか、バットばかりが硬い感じがします。この魚は普通のラインでドライフライで釣りましたが、そういう釣りならまあ特に問題は無いと言えるくらいですが、スペイラインを使ったシングルハンドスペイにはイマイチ合いませ...
  • エポキシ終了
     8ftのエポキシコート終了しました。今回は2回のコーティングで決まりました。1回目が微妙に濃いかな?と感じていたのですが、思ったよりもダンゴにならず、綺麗に仕上がったと思います。 次は仕上げのディッピングですが、なんやかやとあって、まだウレタンの入れ替えが出来てません。明日から荒雄に遠征してしまうので、帰ってから入れ替えをやって塗装に進むことにします。こう書くと、塗装の入れ替えってそんなに大変なの?...
  • ラッピング~エポキシ
     8ftのラッピング終わりました。スレッドはお馴染みレオンのRust Redです。赤茶色っぽい色ですが、エポキシコートすると赤ワイン色に変わります。フレイムフィニッシュのブランクには合う色だと思います。 トップガイドとか、フェルール部には1~2ヶ所のトリミング。こちらはKIROワールドスーパースレッドのブラウンです。茶色はエポキシで黒になっちゃいます。実質黒でトリミングしたのと同じですね。 1回目のエポキシコートは...
  • ラッピング直前
     8ftのグリップ成形終わりました。8ft #5ともなると、結構な重さになるので、リッツはしっかりと握れるて良いと思います。太さも通常よりちょっと太め(直径で0.5ミリくらい)に仕上げました。 リールシートスペーサーが付いてますが、これはとりあえず付けてみただけです。リールシートはスクリューなので、グリップ近くまでスペーサーが来ることはありません。けど、写真で見るとなかなか良いですよね。(笑) グリップ成形後、...
  • 「アートにふれる2日間 in KEIHOKU」から帰ってきました
     10/8-9で京都で行われた「アートにふれる2日間 in KEIHOKU」に行ってきました。会場は、陶芸やウッドクラフト、その他いろいろな、アートにあふれていましたが、僕たちの一角だけちょっと異質?なある意味濃いブースになっていました。 今までアングラーズクラフト展で東日本エリアのビルダーさんとお話をする機会はありましたが、西日本のビルダーさんと竿についてあれこれと話したり、竿を振らせてもらう機会は無かったので、...
  • 割って直して
     作業開始はイベントから戻ってから、と昨日書いたものの、8ftは塗装に入ってしまいましたので、特にやることがありません。ってことで、割るだけ割っちゃおうってことになりました。 本来ノードレスでやるなら、多めに割って、見た目の悪いやつとかはじいた方が良い竿になるのはわかっているんですが、貧乏性なもので、どうにも捨てるのが忍びない。結局多少のシミとかキズにも目をつぶってしまいます。割り幅が足りないとかそ...
  • 半分ずつかな
     このところイロイロと考えていた、ノードレス用のオーブンですが、テストした煙突よりも一回り太い(φ120)煙突を買ってきました。で、中に金網で2段の棚的なものを入れ込んでみました。その棚に竹片を並べると24本は並べられそうです。 2pcロッドを作ろうとした場合、節間40センチくらいとして、1本のスプリットを作るのには4本つながないといけません。とすると、4本×6スプリット×2セクションで48本の竹片が必要になります。1...
  • 金文字
     8ftは下塗りに入りました。フレイムフィニッシュの竿には金色のインクでネームを入れてます。このインクがイマイチ乗りが悪く、キレイに書けないことが多いですが、今回はかすれたりすることもなく上手く書けました。 ^ ^ フレイムフィニッシュと言っても、真っ黒に焼くのはあまり好きじゃないので、今回は薄いこげ茶って感じのブランクです。その上に金色は目立たないか?と書いた時は思ったんですが、塗装すると文字が浮き上...
  • 新兵器
     竿に取りかかる前に作るつもりが、失敗してそのままだったフェルールですが、失敗の元になったドリルを買って来ました。 普通に穴空け後、残った3角の部分を削り取るためのドリルは、先端をグラインダーで平らにしたものを使っていますが、その加工が上手くいってなかったのが失敗の原因です。で、新しいドリルを改めて加工しようと思い、ホームセンターに行ったら、意中のサイズが無いじゃないですか。これは困った。他の用途...
  • 接着完了
     8ftの接着まで終わりました。接着は先日仕入れたピーアイボンドを使いましたが、以前使っていたインスターボンドUW1500とほとんど同じですね。高分子イソシアネート系ってやつは、みんな同じなのかも。若干主材が硬く、塗布しづらいので少量水を差して緩くしてあげる必要がありました。容器に余った接着剤を見ると、硬化後の色が少し茶色がかった感じですが、それは硬化剤の色のせいでしょう。 1キロも仕入れてしまった(それが...
  • 仕上げ削り終了
     8ftの仕上げ削り終了しました。今回はそれほど意識したつもりは無いんですが、思ったより火が強く入ったのか結構硬かったです。 火入れの時、温度を上げていくのにでちょっと時間がかかって、150℃前後の状態が比較的長く続いたんですが、その時間分強く火が入ったのかもしれません。火入れの温度は180℃を目標にしてますが、それより低い温度でも火が入るってことなんですかねぇ。いまだに火入れは良くわかりません。 何はとも...

プロフィール

bigforest

Bigforest Bamboo Rod のブログ
HPはこちら↓
Bigforest Bamboo Rod HP

月別アーカイブ