• ちょっと黒いくらいが
     昨日は、午前中野暮用で出かけ、帰りにスペイの練習やったりしたもんで帰宅は夕方、出来た作業は、6'6"と作り直しバットの仕上げ塗装と、7'4"真竹の火入れだけでした。まあ、昨日の時点で出来ることはそれだけだったから、キャス練とか行けたんですけどね。 写真は7'4"の火入れ後の状態ですが、そんなに温度を高めに設定した訳じゃないのに、ずいぶんと色が付きました。この竹は、先日完成させたノードレスロッドと同じ竹です。...
  • 7652
    No.1487652 7'6" #5 2pc トンキンの#5ロッドは8052がありますが、自分的にちょっと長い、と言うか重い。依頼されて7'6"バージョンを2本ばかり作りましたが、自分的には7'6"の方がアクション的にも好みでした。と言うことで、前から自分用に欲しかったんですが、なかなか作るタイミングがなくて、やっとという感じで作りました。 6インチ短いことで、全体にもったりとした印象の8052よりも、シャープな振り心地になります。重量的...
  • No.126 Dunkeld
    Dunkeld 8'0" #5 2pc negishiさん@栃木使用ロッド negishiさんも↓のTヅカさんと、一緒に釣っていました。と言うことでこれも箒川C&Rの釣果です。放流魚とは言え、このサイズこの体高になれば、引きは強烈だったことでしょう。この日negishiさんは、20尾近いレインボーをヒットさせていたはず。それだけ釣ったら腕も疲れたことでしょう。(笑) それにしても、TヅカさんのAldebaranは、negishiさんのリールの色まで同じ(タイプはち...
  • No.146 Aldebaran
    Aldebaran 8'0" #5 2pc Tヅカさん@栃木使用ロッド 11月に入り、荒雄川から箒川に舞台を移しての釣果です。この日は僕も同行しましたが、すっかり竿を使いこなしてました。が、サイズが大きいと竿が大丈夫か不安になったとか。大丈夫よほど間違った扱いをしない限り竿が折れたりしませんから。(そうなるまえに糸が切れますって。笑) 箒川は年明け1月の頭まで釣れますので、まだまだこの竿の活躍の場は多そうですね。(2011.11)↓...
  • エポキシだけ
     昨日は今シーズン初の箒川C&Rに釣行。時期的に納竿が早いので、帰宅は19時頃。と言うことで、作り直し3pcバットのエポキシコートはやれました。他にやるべきことがいくつかありましたが、さすがにそこまではやる気になれませんでした。 3pcバットのエポキシコートは、夕べが2回目で、今朝の段階でコーティング終了です。と言うことで6'6"と一緒に最終塗装に進みます。 今日は他に7'6"の仕上げとかありますが、昨日に増して天気...
  • 気持ち細身
     6'6"のグリップ成形終わりました。形状はいつものフルウェルですが、#3のショートロッドってことで同じ太さだとなんとなく不格好な気がして、気持ち細身に仕上げました。 直径で0.5ミリくらいですから、写真で見るとそれほど細くは感じません(右はこの前完成した7'10" #3)。が、握ってみると見た目以上に細いです。手の感覚ってすごいなってこういうとき思いますね。 グリップが出来たら次はラッピング。今回はオーソドック...
  • 次は普通に
     先行の竿が全て塗装段階に入りましたので、次の竿に手を付けました。先行の竿2本と作り足しのバットが全てトンキンでしたので、次は真竹で作ろうと思います。 次に作るのは7'4"#4 2pc 8月に作ったばかりの7442Mと同じです。夏に作ったのは、イロイロと問題があって、番手通りの竿とは言い難い竿になってしまったので、改めてちゃんとした#4ロッドとして仕上げたいと思います。 今回は普通に節有りの竿です。真竹は節が黒ずんで...
  • 仕上げよう
     バットセクションだけ作り直してる7343ですが、フェルールの接着が終わった所で、ガイドを仮止めし、元の竿と投げ比べてみました。グリップが付いてないので、全く同じ条件で比較するのは無理ですが、それでもアクションの違いを感じるくらいはできました。 前のバットは、ストリッピングガイドあたりにテーパーの変化点(自分ではそれほど大きな変化とは思ってなかった。)があって、そこでカクッと曲がる感じがしたのですが、...
  • 71032MF
    No.14771032MF 7'10" #3 2pc 真竹 真竹のテーパーはメインとなるテーパーとは別のバージョンを作ろうとあれこれトライしていて、その別バージョンをMFとしてます。(真竹ファインってこと) 1月に作った7432MFのテーパーを調整(特にバットセクション)して、7'10"にして作ってみました。 このテーパーはかなり柔らかく、無理な力を入れると竿が曲がりすぎてしまいます。そこをコントロール出来れば、意外とタイトなループを作...
  • メインはラッピングで
     昨日もいろんな作業を同時進行でやってました。まずは、7'6"のグリップ成形。今回は、いつものフルウェルにしたので整形にかかる時間が短縮できました。実はリッツとかの方が微妙な加工が必要で時間かかるんです。 グリップが終わったら、旋盤作業をまとめてやってしまおうってことで、作り直し3pcバットのフェルールを取り付け加工~フェルール接着。 で、本日のメイン作業であるラッピング。今回は#5ロッドとブランクが太い...
  • 細かい仕事をあれこれと
     昨日はまとまった作業が無く、細かい仕事をいくつかこなしました。まずは、作り直しの3pcバットの仕上げ削り~接着。短いブランク1本削るだけですから1時間もかかりません。接着までやって2時間かかりませんでした。 で、そのブランクに付けるフェルールの製作。これもメス側のみの製作ですから、セレーション加工までやってやはり2時間かからず。 次は、6'6"のフェルールすり合わせをやって、ネームを入れて下塗り。トータル...
  • 久々にローアングルで
     製作中の竿は現在3本。一番進んでる7'10"は最終塗装が終わって乾燥待ち。次は7'6"で、下塗りが終わってやっぱり乾燥待ち。最後の6'6"はこれから下塗りに入る段階。と言うことで、作業的には一段落してる感があります。 そこで次に取りかかったわけですが、次は2月に作った7'3"#4 3pcのバットセクションのみを作ります。3pcロッドのテーパーはもう少しってところなので、そこを詰めようってことです。10月の京都のイベントで、そ...
  • ちょっと遅れたけど
     デプスゲージのセットミスをやらかしてバットしか削れなかった6'6"は、翌火曜日もキャス練やら野暮用で作業できず、昨日になってようやくティップセクションの削りと接着を済ますことが出来ました。 よく考えてみると、トンキンの#3ロッドって結構久しぶりで、こんなにティップ細かったっけ?なんてヒヤヒヤしながら接着しました。真竹だと0.1~0.2ミリくらい太いティップになりますが、たったこれだけの差で安心感がずいぶんと...
  • なにやってんだか・・・
     昨日から6'6"の仕上げ削りに入ってます。昨日の記事では接着まで~なんて言ってましたが、実際にはバットセクションしか終わってません。その理由が写真です。 左は、先行してる7'6"のバットセクション、右が6'6"です。ん?どう見ても6'6"の方が太いぞ。7'6"は#5、6'6"は#3なのに変です。デプスゲージの読みを1周、つまり1ミリ間違ってフォームをセットしてしまいました。削ってて、妙に削る量が少ないなーとは思ってたんですが...
  • 土曜日遊んだからね
     昨日は、土曜日荒雄で遊んだ分を取り戻すように頑張りました。ノードレスロッド2回目のエポキシコートを乗せました。7'6"バインディングを外して研磨、フェルールを製作して接着。6'6"火入れ済ませました。 7'6"にフェルールを取り付けた時点で、いい加減疲れちゃって、6'6"の火入れは明日で良いか・・・と、なりかけたのですが、今週の予定を考えるとどうしても火入れしておかないと2日くらいロスができちゃうぞ、と思い直して...
  • 手抜きラッピング?
     7'6"のバインディングを外すのは後にして、ノードレスロッドを進めます。まずはグリップ成形。今回もいつものスタイルですね。今回はコルクの組み合わせが悪かったかも、イマイチなグリップに・・・ ラッピングも終了。今回も生成です。生成はエポキシコートすると透明になるので、多少巻きムラがあっても問題ありません。荒雄行きの準備が忙しいので、すぐ巻ける色にしました。ウソです。確かに早く巻けるからというのは少しは...
  • 接着
     7'6"の接着完了しました。昨日は午前中結構気合いが入って、朝イチから仕上げ削り(ティップのみ)を終わらせて接着まで一気にできました。 この竿は自分用と言うことで、あり合わせの竹で作ってるのですが、火入れ後の状態ではバットとティップの焼き色が結構違っていたんです。バットの方が凄く黒くなっていました。けど、スクレッピングしてみると意外と色の違いが少なくて、ちょっと得した気分。竹は剥いてみないとわからな...
  • 荒削り終了
     2本分割った次作の曲がり直し終わりました。一昨日、時間はたっぷりあるけど、1セット分しか曲がり直しできないだろう、って書きましたがまさにその通りでした。まあ来客があったり、用足しで出かけたりと、時間があった割りに集中することできなかったというのはありますが・・・まあ言い訳ですね。(苦笑) で、昨日残り1セットを曲がり直しして、荒削り、7'6"の方は火入れまで済ませました。今日は7'6"の仕上げ削りに進みま...
  • 次スタート
     ノードレスロッドが塗装に入りましたので、次の竿に取りかかることにします。次作は、7'6" #5 2pcと6'6" #3 2pcの2本です。昨日割り~節ずらし~節削りまで終わりました。先に節を削ったということは、トンキンと言うことですね。(真竹の場合は、曲がり直し後に節を削ります) 今日から曲がり直しですが、丸1日竿作りに当てられるので、頑張れば今日中に全部の曲がり直しを済ますことができるのですが・・・そんなに頑張れると...
  • 間に合わせで
     破損した8653Mの竹フェルールをとりあえず修理しました。フェルールを付け替えるとなると、来週末の荒雄遠征に間に合わないので、剥離した部分に瞬着を流し込んで、生成のシルクスレッド全巻きで補強を入れました。 エポキシで透かして作業終了。間に合わせなので、エポキシは1回だけ、来週の荒雄から戻ったら改めて付け替え修理をやろうと思います。 修理をしたのは、一昨日です。で、昨日キャス練に行ったので、さっそくつな...
  • 修理完了
     goldrush1978さんの折れた竿の修理終わりました。昨日ラッピング~エポキシコート2回乗せて、今朝硬化を確認して終了です。無事、バットセクションと同じ長さになりましたね。 ^ ^↓クリックしていただけると竿製作・ブログ更新の励みになります。にほんブログ村にほんブログ村...
  • 頑張ったなぁ
     ノードレスロッドの仕上げ削り終わりました。昨日の記事は、朝イチで荒削りを終わらせてから更新しました。と言うことは、荒削り~スクレッピング~仕上げ削りまで一気にやったということで、ちょっと頑張りすぎたかもしれません。今朝は手首が痛いです。(^_^;) 普通だと、荒削り後火入れ、翌日から仕上げ削りと進むわけですが、ノードレスの場合最初に火入れをするために、こういう作業の流れが変わるので、昨日のようなことに...
  • ノードレス荒削り
     ノードレスロッドの荒削り終わりました。荒雄から戻ったらすぐにやろうと思っていたのですが、風邪気味だったり、仕事があったりで今日になってしまいました。 普通の竿の場合、荒削りでここまで反ることはありません。ただ、節が無いことが原因とは必ずしも言えないんですよね。と言うのは、スプライスした部分は割と真っ直ぐなんです。反っているのは節間(節ないけど)の部分なんですね。もしかすると、スプライスの接着を乾...
  • ちょっと厚い
     修理ロッドはブランクの塗装が終わりました。元の塗装はかなり薄く、艶があまりない所を見ると、拭き塗りによる塗装だったのではないかと思います。今回はディッピングで2回塗りしましたが、やはり厚くなりましたね。1回だと塗装厚が偏りそうなので、どうしても2回は乗せたかったんで、しょうがないのですが。 明日いっぱい乾燥させて表面を研磨しますが、ディッピングしたティップはギラギラに光っててバットみたいなマットな...

プロフィール

bigforest

Bigforest Bamboo Rod のブログ
HPはこちら↓
Bigforest Bamboo Rod HP

月別アーカイブ