• ワインディングチェック
     7'2"のグリップ成形終わりました。今回はオーナーさんの指定で、普段ボクが作るグリップよりもリング1個分短く、形状もほぼストレート(エンド側を絞ってるからリッツなのかな)です。全長13センチとかなり短いので、前側になにがしかの造作をやるとますます短くなってしまうことから、直角に落ちてるだけの形状です。これだとあまりに寂しいのワインディングチェックを付けることにしました。 ビルディングを始めた頃はチェッ...
  • ワンピースのはずが
     昨日は暑かったですね。まあ、真夏ですから当然ですが。こういう時期なので、比較的気温が低めの午前中勝負で、次の竹を割りました。予定では7ftくらいの1pcロッドを作るつもりだったのが、いざ始めてみたら節間やらそのたの状況で、思った以上に短い。もともと短いので、バット側にスプライスで延長すれば良いだろうと思ってたんですが、二節分くらい足さないとならないことが分かって1pcは断念。一節分で済むなら、前に割って...
  • 結構進みました
     昨日は朝早い時間から作業開始し、フェルールの製作とブランク研磨までを午前中で終わらせました。7時台は26℃くらいだった室温も、昼頃には32℃まで上がってました。ここまで上がってしまうとさすがに作業をする気になれないので、午後は本業をやって、夜になってからフェルール取付ました。 今日も、7時前から作業開始して、すり合わせは終了。現在TOPガイドの接着剤の硬化待ちです。硬化したら、そのまま下塗りに入るつもりで...
  • 仕上げ削り~接着
     このところグラファイトロッドの仕上げに時間を取られてましたが、それもほぼ片付き、竹竿の方にウェイトが移ってきました。製作中の竿は7'2" #3 真竹の1本だけですので、仕事とグラファイトロッドの作業の合間に火入れを済ませ、昨日1日で仕上げ削り~接着まで終わりました。 梅雨も明け、気温がどんどん上昇してます。外気温が30℃を超えると、作業場の中は36℃くらいまで上がりますので、作業は比較的気温の低めな朝と夜にやる...
  • No.156 7042M
    7042M 7'0" #4 2pc 真竹 この竿、今年一番使ってるかもしれません。一般渓流サイズでは、使い勝手がとても良いのです。近距離からしっかりと竿が曲がってくれるので、ラインがあまり出ていないシチュエーションでも釣りやすいです。このイワナは、対岸のブッシュの下にいましたが、ポイントまでの距離は3mほど。竿1本分もラインが出ない状況ですが、上手くポイントにフライを送り込むことが出来ました。 こちらは、男鹿川C&R(...
  • No.158 7043
    7043 7'0" #4 3p トンキン トンキンの3pcのテーパーはまだ完全に煮詰まった訳ではありませんが、とりあえず及第点はあげられるところまで来たかな?という風に思ってます。近距離でも、バットからしっかりと曲がる竿が好きなので、そういうアクションではあるのですが、今のテーパーはミドルセクションの重さが気になってます。今後はミドルの改良が課題ですね。(2012.07)↓クリックしていただけると竿製作・ブログ更新の励みにな...
  • ティップ先行
     グラファイトロッドの仕上げ続行中です。バットセクションは、ロゴステッカーを貼ると言うことで、ステッカーが届いた所でバランスなどを考えて仕上げることにします。 で、まずはティップセクションからラッピングするのですが、ガイドスペースのチェックを。ブランクにキズが付かないようにマスキングした上にガイドを仮止めして試し振り。 最近グラファイトロッドをまともに振ってませんが、この竿はなかなか良いアクション...
  • グラファイト 仕上げ中
     3連休を岩手で過ごしたので、作業はあまり進んでません。竹竿の方は、火入れ前の状態でちょっと待ってもらって、グラファイトロッドの仕上げを進めてます。 ブランクは先週塗装終了し、3連休中乾燥させておきました。あとはガイドをラッピングするだけの状態です。 当然ガイドフットの加工もやります。今回は2本仕上げるので、ガイドも2セット。上が加工後、下が加工前です。フットの角ばった部分や、段差をヤスリで削って滑ら...
  • 竹も進めよう
     今週はグラファイトロッドにかかりっきりでしたが、ブランクが塗装の乾燥中なので、竹を触る時間ができました。と言うことで、割りっぱなしだった、次作の曲がり直し~荒削りまで終了。 火入れは、週末の岩手遠征から戻ってからです。湿度の高い時期ですから、火入れ後あまり時間を開けずに仕上げ削りしたいですので。 グラファイトロッドは、ブランクが乾燥中で、進められるのはリールシートスペーサーの塗装のみ。下地塗装を...
  • 荒雄アングラーズミーティングの追加情報
     10/13~14に宮城県鬼首で開催される「荒雄アングラーズミーティング」ですが、続々と参加者が増え、現時点で出展してくれるクラフトマンだけで15人が決定しています。クラフトマン以外の参加者も同じくらいは居ますし、JSC(Japan Shooters Club)も来てくれますので、去年までのアングラーズクラフト展と同じくらいの規模にはなるのではないでしょうか。 そのイベント参加について、費用などの詳細情報をイベントブログにアッ...
  • グリップとか
     昨日はグラファイトの仕上げ作業に終始しました。ティップセクションの塗装やって、バットセクションにコルクリング固定~成形。グラファイトなので、コルクの接着もエポキシを使いました。(グラファイトブランクに木工ボンドで固定できるとは思えませんから。)おかげで、その日のウチに成形に進めるわけです。 グリップはラフに仕上げた所で穴埋め。穴と言っても、自分用なら目をつぶれる程度のものなのですが、スクール用と...
  • 割っただけ
     グラファイトロッドの仕上げは、塗装工程でほとんどは乾燥時間ですので、空いた時間で次作の竹を割りました。今回は依頼品で7'2" #3 真竹です。 昨日は比較的仕事に余裕があったので、日中から作業しようと思ったものの、作業場の室温が32℃になってるのを見て、夜まで作業場に入るのはやめました。(;^_^A アセアセ… そんなわけで、割って節ずらししただけです。これからの時期は作業できる時間が朝晩だけになるし、仕事との絡みが...
  • ディッピング
     昨日からカーボンロッドのブランク塗装、ディッピング開始してます。昨日の記事に書いたとおり、中空のブランクは浮力があるので、ディッピングする場合はウェイトを付けて、ブランクを沈めないといけません。 今回は、フェルール部をマスキングし、そこに適当な糸をテープで固定、その下にニッケルシルバーの端材をぶら下げる方法にしました。長さ5センチ程のNSですが、空気よりは十分重いので、ブランクは沈んでくれます。た...
  • 塗装が・・・
     前日含浸処理したスペーサーを引き上げた直後です。もともと黒っぽい材でしたが、ウレタンをたっぷりと吸い込んだので、一見どす黒いほどですね。これを数日乾燥させると、もう少し白っぽく、漬け込む前の状態に近づく感じに変化していきます。この状態であと数日乾燥させたら、表面の塗装をします。 ブランクの塗装も始めました。とりあえずネームを入れる都合でバットセクションのみ2液ウレタンでハケ塗りしたんですが、ネー...
  • 炭竿
     先月末に1本仕上げた後、新しい竿に全く手を付けてません。仕事が忙しいというのもありますが、カーボンロッドの仕上げを頼まれていたので、そのために時間を開けておきたかったんです。 この竿は、京都のKINEYAさんが、フライフィッシングスクール用の竿を、まとまった数用意しておきたいということで、知人のビルダーさん仲間で手分けして仕上げることになったものです。ボクの所では2本仕上げます。 7'0" #4で、何も無い状...
  • No.161 61042M
    61042M 6'10" #4 2pc 真竹 この前完成したばかりの竿を、さっそく日光湯川でテストしてきました。6'10"という長さは湯川くらいの規模の川で使うにはもってこいですね。ラインとの相性があるのかもしれませんが、ものすごくターンオーバーが強く、普段よりも少し長めのティペットを使った方がドライでの釣りには良さそうです。少ない手の動きで楽にフライを運んでくれるのは、ボクの好みにドンピシャといったところです。 昨日の...
  • No.160 7032M
    7032M 7'0" #3 2pc 真竹 今年に入って真竹の竿は劇的にアクションが改善しました。テーパーの考え方を根本的に見直したことで、一気に自分の好きな竿になりました(正確には、自分の好みがハッキリとした)。そのテーパーにしてから作った竿は#4ばかりでしたから、#3で作ったどうなるだろう?と言う興味があって、7042Mのテーパーを#3にして作ったのがこの竿です。 使って楽しい距離は竿2本分くらいですが、竿1本分もラインが出...

プロフィール

bigforest

Bigforest Bamboo Rod のブログ
HPはこちら↓
Bigforest Bamboo Rod HP

月別アーカイブ